紳士屋

お届け日
メール
商品カテゴリー
◆ネクタイピン

◆お急ぎ便

◆タイタック&ラペルピン

◆カフス

◆ネックレス(女性用)

◆小物

◆すべての商品

◆ご購入前にご一読ください

◆その他

メール

お電話
2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メディア掲載

よくあるご質問

確かにそうですよね。
でも当店の製品は職人のこだわりと、デザイナーの鋭い感性によって出来上がる、高品質の貴金属アクセサリーです。
創業54年以上にわたり、メンズアクセサリーを製作しているのもその証のひとつです。
きっと手に取って、お使い頂ければご納得いただけるはずです。
是非当店の貴金属アクセサリーをお楽しみください。

紳士屋では「クラフトマン・ダイレクト」をコンセプトに、工房から直接お客様に製品をお届けしています。
高品質なモノをリーズナブルな価格でお届けするために、実店舗での販売などは一切行っておりません。ご了承ください。
また、紳士屋の製品のすべては、当店オリジナルデザインで、製作から発送まで一貫して当店が行っております。
すべての製品には、Shinshiyaブランドの証である紳士屋のロゴマークが貴金属の称号とともに刻印してあります。
お間違えのないように。

はい、ご安心ください。
当店の製品なら、何度でもサービス料金(2,000円〜)で修理させていただきます。
また長年お使いいただきますと、汚れたり傷がついたりしますが、新品同様にさせていただくクリーニングや仕上げ直しサービスも行っています。
詳しい料金などは各製品や状態によって異なりますので、「修理・クリーニング申し込み」よりお気軽にお問い合わせください。
その際は、製品に同梱しています「品質証明書」の右上のナンバーをお知らせいただければ、よりスムーズにメンテナンスが行えます。
製品の種類・製作年月日などのデータを保管管理していますので、半永久的にお守りします。

申し訳ございませんが、他店や他社製のネクタイピン・カフスの修理は行っておりません。
その理由は、金属の品質にあります。
とくに他社ネクタイピンで多いのですが、バネを支える小さな棒が折れてしまうケース。これを修理する場合は、本体とワニ口を開く必要があります。
この時に真鍮(シンチュウ・亜鉛と銅の合金)製や粗悪な貴金属製だと、金属疲労のように折れてしまう場合があります。思い入れのある品を壊すわけにはいきません。
お買い求めいただいたお店か、メーカーにお問い合わせください。

はい、できます。
シルバーのデザインでしたら、ホワイトゴールド、ゴールド、プラチナで製作することができます。
ただし、シルバー以外のデザインをシルバーにすることはできません。ごめんなさい。
価格や製作日数などは、お気軽にお問い合わせくださいね。

はい、できます。
ネクタイピンをこまめに着脱される方や、位置を変えて楽しむお客様もたくさんいらっしゃいます。
そのために、チェーンとボタン掛けを取ったバージョンも製作いたします。
また、ただ取るだけでなく、本体の丸管(チェーンのジョイント部品)もきれいになくします。
料金は無料です。
各ネクタイピンの「カートに入れる」上部にあります、チェーンのタイプよりお選びください。
また、プレゼントとして贈られるお客様で、チェーンの有無がわからない場合は、チェーンが着脱できる「2Wayタイプ」のネクタイピンをおすすめしています。

貴金属は、シルバー → ゴールド → プラチナ の順に高価になります。
それぞれの貴金属はそのままでは柔らかすぎアクセサリーとしての耐久性にかけるため、割金(ワリガネ)を混ぜて硬度を持たせています。
当然、この割金(パラジウムや銀や銅など)の比率が少ないほど、高価になりますよね。
実店舗やネットショップでよく見かけるのですが、「材質:銀色」「色:シルバー」などと明記している場合があります。
これは貴金属ではなく、真鋳(シンチュウ・亜鉛と銅の合金)にメッキをかけている場合が多いので要注意です。
購入される前に、確認が必要ですね。
また、安価なシルバー製品に多いのですが、割金に鈴などを使用していることもあり、金属アレルギーの原因になることもありますので、ご注意ください。
貴金属は、1グラム当たりの価格が決まっています(変動はしますが)ので、基本的に激安で販売することは不可能です。

はい、変動します。
100%貴金属を使用しているため、地金相場の変動に左右されてしまいます。
しかし、できるだけ一定価格にするために大量に地金を仕入れ、年に3回程度の価格改定を行っています。
地金相場は年々上昇傾向にあり、貴金属アクセサリーの価値もますます高まっています。

▼こちらもあわせてお読みください。

簡単カルテはこちら